MENU

三連単フォーメーションが最強?研究結果から最強の組み合わせを解説

三連単フォーメーションが最強?研究結果から最強の組み合わせを解説

 

「3連単フォーメーションが最強って聞いたことあるけど、本当なのかな?3連単の最強の組み合わせを知りたい」

 

競馬をやっていると1度は高配当の的中をしてみたいものですが、特に、3連単の的中率が上がる方法があれば知りたいものですよね。

 

  • 3連単の最強の組み合わせはなにか?
  • 3連単はフォーメーションで買うべきなのか?
  • 1000円で3連単を的中させることは可能か?

 

このようなことが気になっている方は多いのではないでしょうか?

そこで今回は、3連単の最強の組み合わせを知りたい方へ『的中率がアップする3連単フォーメーションの考え方』を詳しくご紹介していきます。

 

もしも、3連単に最強の組み合わせが存在するならば、必ず知りたいはず。

3連単の最強の組み合わせはもちろん、基本的な3連単の考え方や少ない資金での3連単の的中方法も取り上げているので、ぜひ1つでも取り入れてみてください!

 

目次

最強説の3連単フォーメーションとは?メリット、デメリットをご紹介

三連単フォーメーションが最強?研究結果から最強の組み合わせを解説

 

3連単はフォーメーションが最強だとよく聞くのですが、それは一体なぜなのでしょうか?

結論から言うと、3連単フォーメーションは買い目が抑えられて、なおかつ高配当も期待できるからです。

 

ただし、何も考えず買っていたのでは、当然的中率はアップすることはありません。

なので、せっかく3連単フォーメーションの馬券を買うのであれば、3連単フォーメーションの良さを最大限に活かせる組み合わせを意識することが大切です。

 

その中でも特に大事なのは、『3連単フォーメーションのメリットとデメリット」を理解することです。

その違いを理解できたなら、3連単フォーメーションで購入すべきレースや選ぶべき馬が自然と分かるようになってくるでしょう!

 

3連単フォーメーションとは?

 

そもそも、3連単フォーメーションはどういった買い方なのでしょうか?

結論、1~3着に入線しそうな馬をそれぞれ選び、選んだ馬の組み合わせも自由に決められる買い方です。

 

もちろん、すべての組み合わせを1つずつ購入することも可能ですが、仮に60点になった場合、全て買うのは大変ですよね。

そんなとき、3連単フォーメーションを使うと便利に購入できるようになります。

 

また、3連単フォーメーションを理解する上で重要なのが、『流し』と『BOX』の違いを知ることです。

「3連単流し」とは1~3着に入線しそうな馬を決めて、その馬が1~3着に入線する前提で、その馬以外の馬を相手として買うことです。

 

なので、最初に決めた馬が1~3着に入線しないと、的中にはなりません。

軸にする馬は、1着だけではなく2着や3着に固定することもできます。

 

「3連単BOX」とは選んだすべての馬が順位に関係なく、1~3着に入線すれば的中です。

入線する順位を気にしなくてもよいので楽ですが、選んだ馬を全通り買っているということなので買い目もその分増えてしまいます。

 

なので、3連単BOX馬券から不要な買い目を引いた買い方が、3連単フォーメーションとも言えるでしょう!

 

3連単フォーメーションのメリットは?

 

では、3連単フォーメーションのメリットとはどんなものがあるでしょうか?

ズバリ、買い目を調整できて高配当も狙えるところで、3連単BOXと3連単流しの良いとこ取りをしていることにあります。

 

お伝えしたように、3連単BOXは当たりやすいですが、その分資金が必要なことがデメリットですよね。

3連単6頭BOXの買い目は120点、7頭だと210点にもなります。

 

もちろん、購入金額より払戻し金額が多ければ収支はプラスになりますが、3連単が毎レース当てることはほぼ不可能。

それに、当たった時でも買い目が少ない方が収支はプラスになりますよね。

 

そんなデメリットを挽回できるのが、『3連単フォーメーション』というわけです。

なぜなら、着順を固定するので買い目を減らすことが出来るからです。

 

では3連単流しと比較した場合はどうでしょう。

仮に、「この馬は間違いなく上位にくる」と思う馬がいたとすると、その馬から3連単流しを買えばOKです。

 

ですが、その馬が2着になる可能性もありますよね。

3連単フォーメーションだと1着と2着どちらでも良いため、3着までは負けないだろうという時におすすめの買い方です。

 

3連単フォーメーションのデメリットとは?

 

では反対に、3連単フォーメーションのデメリットはあるのでしょうか?

それは、『選んだ馬は合っていたけれども着順が違っていた』という理由で、馬券を取りこぼす可能性があることです。

 

先ほどの例で、自分の1着か2着に入線すると選んだ馬が、3着だったとします。

ただ、3着に買い目を入れていないので不的中というわけです。

 

この場合は、3連単BOXだと当たっているですが、お伝えしたとおり3連単BOXの場合は1頭増えるだけで、点数がかなり増えてしまいます。

では、どうすれば上手く取りこぼさずに馬券を的中することができるのでしょうか?

 

続いては、3連単フォーメーションの最強の組み合わせをご紹介していくので、チェックしてみてください!

 

3連単フォーメーションの最強の組み合わせ!研究結果から買い方を解説

三連単フォーメーションが最強?研究結果から最強の組み合わせを解説

 

3連単フォーメーションで的中しやすい組み合わせを知りたい。

そんな方のために、具体的な3連単フォーメーションのメリットを生かした組み合わせをご紹介していきます。

 

三連単フォーメーションは最初は少し難しく感じますが、慣れればとても簡単ですし、買い目の少なさにも驚かされます。

さらに、予想の精度も上げていくことで効率よく収支をプラスにしていくことができるので、ぜひ取り入れてみてください。

 

3連単フォーメーションの組み合わせ①:的中率も回収率も狙える「3-3-10」

 

3連単フォーメーションの中でも、まずは的中率も回収率も考慮した組み合わせをご紹介していきます。

結論からいうと、『3頭(A B.C)-3頭(A B.C)-10頭(A B.C.D.E.F.G.H.I.J)』という組み合わせで、買い目は48点になります。

 

1着候補と2着候補は同じ3頭を選び、3着候補に10頭選ぶ方式です。

3着候補に10頭も選べることを考えると、3連単BOXよりかなり頭数を選べることが分かりますよね。

 

また、馬連が的中しやすい人が当てやすい組み合わせということもおすすめ理由の1つです。

競馬の基本は単勝と馬連。

 

上位3頭は1着か2着に来そうな馬を選ぶという点で、『馬連の拡大版』と考えるとイメージが沸きやすいですよね。

馬連と3連単の払戻金が大きく違うことは多々ありますが、この方法だと馬連で買うより万馬券への期待値がかなり上がります。

 

1着候補と2着候補を人気上位3頭でも良いですし、1頭は下位人気の一発がある馬、予想印の☆のような馬にすると、的中したときの払戻し金は高配当になりやすいでしょう!

 

3連単フォーメーションの組み合わせ②:オーソドックスで万能「1-4-6」

 

次にご紹介する3連単フォーメーションの組み合わせは、オーソドックスながら、買い目が少なく高配当も狙える組み合わせになります。

その組み合わせとは、「1頭(A)-4頭(B.C.D.E )-6頭(B.C.D.E.F.G)」です。

 

買い目は20点になります。

1着候補には勝てる馬を1頭選び、2着候補に4頭。

 

3着候補はさらに+2頭を選ぶ組み合わせ。

この組み合わせのメリットは買い目が20点しかないのに、2着、3着に人気薄の馬が来ると高配当になるところです。

 

3着候補に6頭も選べることで、穴の馬も含ませられるので高配当も充分狙うことができます。

選べる馬は合計7頭もいるのに買い目は20点なので、この買い方も3連単フォーメーションのメリットを活かした買い方と言えるでしょう。

 

超簡単!フォーメーションの考え方とは?

 

「3連単フォーメーションにはたくさんの組み合わせがあるので、どうやって組み合わせを決めたらいいか難しい。」

 

そんな方は、自分の今の馬券スタイルから延長するイメージを持ってもらうと分かりやすいでしょう。

 

無理に今の馬券スタイルを崩しても収支は上がりづらく、まったく的中しなくなる可能性すらあります。

先にご紹介した1つ目の組み合わせは、お伝えしたように馬連の拡大版。

 

2つ目は単勝の拡大版と考えられますよね。

もしあなたが複勝が得意なのであれば、『固定した1頭をすべての着候補入れてから相手を決める』という方法もおすすめです。

 

また馬単が得意なのであれば、『1着2着をいつも通りに考えてから3着候補の馬を選ぶ形』が最適でしょう。

要するに、3連単は思っているより、特別な馬券ではないということです。

 

3連単フォーメーションを1000円で的中させる買い方とは?

三連単フォーメーションが最強?研究結果から最強の組み合わせを解説

 

競馬資金が1000円など少ない資金から増やしていくためには、どのような買い方をするのが良いのでしょうか?

多くの方は単勝1点買いや複勝、または馬連と答えるでしょう。

 

もちろん、その選択肢は間違いではありません。

ですが、1000円あれば1回当たるだけでかなりの高配当の可能性がある『3連単フォーメーション』を買えると聞いたらどうでしょうか?

 

早速、具体的にどのような三連単フォーメーションの組み合わせが1000円以下で買えるのか、ご紹介していきます!

 

強い馬が2頭いる!そんな時は「1-2-5」

 

3連単フォーメーションだと、1000円以下で高配当を得ることも夢ではありません。

ただ、レースの状況を見て組み合わせを変える方が的中率は格段に上がります。

 

ですので、どのようなレースで使用したら良いかも含めて、組み合わせをご説明していきます。

まずは、強い馬が2頭いるレースで有効な組み合わせ。

 

「1頭(A.B)-2頭(A.B )-5頭(C.D.E.F.G)」この組み合わせだと買い目はたった10点です。

この場合、2頭の強い馬の順位は気にしなくてよいですし、2頭のみに固定すると買い目を大きく減らすことができます。

 

3着候補が5頭も選べるので、人気薄がきた場合はトリガミということもまずありません。

このように、しっかり戦略的に勝てるレースで3連単フォーメーションを利用していくといいでしょう!

 

「1-1-5」「1-5-1」の合計10点

 

次にご紹介するのは1頭強い馬がいて、もう1頭上位入線はあるけど1着は難しそうという状況のレースで使える組み合わせ。

少し変則的で面白い組み合わせなのですが、一発高額配当もありえる買い方ですよ。

 

  • 「1頭(A)-1頭(B)-5頭(C.D.E.F.G)」
    「1頭(A)-5頭(C.D.E.F.G)-1頭(B)」

 

この、2通りを購入する方法です。

この方法は一見シンプルに見えますが、意外と見落としがちな組み合わせなので、覚えていて損はないでしょう。

 

まず1着候補に1頭選びます。

そして、2着もしくは3着になりそうな馬を1頭決めて、それ以外に5頭を選びます。

 

もちろん、その5頭の中に人気薄の馬を入れて的中すると高配当になるでしょう。

さらに、人気サイドから2着、3着候補の馬を選んでいても、その馬が3着に来ることで、さらに高配当が狙えるという仕組みです。

 

この方式だと5点づつ、合計10点でかなりの高配当が期待できますね。

このように、レースに合わせて組み合わせを変えて、的中率を高めていきましょう!

 

上位拮抗レースと好相性「3-3-3」

 

最後に、3強対決や勝ち馬が分からない時に、特におすすめの組み合わせをご紹介していきます。

それが「3頭(A.B.C)-3頭(A.B.C)-3頭(B.C.D)」です。

 

この組み合わせは、3強対決など三つ巴のレースで有効で、BOX馬券を応用させた買い方になります。

このフォーメーションでは、なんといっても軸馬を広げられるのが魅力。

 

1頭に本命馬を絞り込めないときや上位拮抗したレースと相性が良い組み合わせと言えるでしょう。

このように、資金が少なかったとしても、出走馬からより勝ちやすいレースを見極めて投資すると、的中率を高めていくことができます。

 

目の前のレースに賭けたり、何も考えずに賭けるより、勝ちやすいところで勝負することがポイントと言えますね!

 

まとめ

三連単フォーメーションが最強?研究結果から最強の組み合わせを解説

 

今回ご紹介したように、3連単フォーメーションは買い目が思ったよりも少なく、さらに高配当も狙える馬券スタイルと言えます。

人によっては、3連単フォーメーションが最強だと思っている人も少なくないほどです。

 

とはいえ、いきなり自分の馬券スタイルを崩してしまうのは大変なので、馬券スタイルから延長で考えて取り入れていきましょう。

実際、『最初は点数〇点まで』と決めてしまった方がやりやすいので、この方法も参考にしてください!

 

3連単が理解できると馬連が簡単に思えたり、3連複ではもっと買い目を少なくシンプルに出来ます。

「馬券を知る」という意味でも、まさに最強の馬券スタイルと言えるでしょう。

 

また、資金が少ない場合も、より勝ちやすいレースに照準を合わせて的中率を高める買い方をしてみてください!

 

 

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次
目次
閉じる