MENU

3連複フォーメーションは2列目が重要?おすすめの組み方を徹底解説!

3連複フォーメーションは2列目が重要?おすすめの組み方を徹底解説!

 

「3連複フォーメーションって2列目が重要って聞いたことがあるけど本当なのかな?おすすめの組み合わせも知りたい」

 

3連複を購入する時、通常購入かボックス、軸○頭流し、フォーメーションと色々な種類があり、どれで勝負するか迷いますよね。

 

  • 3連複フォーメーションの2列目ってどう選べばいいんだろう?
  • 点数が凄く多そうで資金面がちょっと不安
  • フォーメーションで当たりやすい組み合わせも知りたい

 

このように、気になることがたくさんあるのではないでしょうか?

そこで今回は、『3連複フォーメーションの組み方や基礎知識』についてわかりやすくご紹介していきます。

 

競馬は堅実に馬券を当てる事が大切ですが、やはり3連系も当てていきたいですよね。

なんなら3連系でコンスタントに当てられるようになれば、より大きな収支を得ることができるようになります。

 

また、3連複フォーメーションで大切と言われている2列目も詳しくお話しているので、ぜひチェックしてみてください!

 

目次

3連複フォーメーションは2列目が大切?2列目を予想するコツをご紹介!

3連複フォーメーションは2列目が重要?おすすめの組み方を徹底解説!

 

まずは基本中の基本から、3連複フォーメーションって一体どんな馬券なのでしょうか?

3連複フォーメーションとは、1着~3着に来そうな馬の組み合わせを自由に決めることができる買い方です。

 

ボックスだと選択した馬の全通りを購入しなければなりません。

全通りになると自分が予想した決着ではないパターンも抑える事になり、点数が多くなってしまいます。

 

ですが、フォーメーションならば、全通りではなく、自由に組み合わせを決めることができます。

そのため、ピンポイントで選択馬を増減させられるので、ボックスよりも無駄なく購入することがポイントです。

 

そんな3連複フォーメーションですが、2列目が大切とはどういうことなのでしょうか?

 

3連複フォーメーションの2列目が大切な理由とは?

 

3連複フォーメーションの2列目が大切なのは一体なぜか。

結論から言うと、『2列目を複数選択する事で的中の幅を広げられる』ということです。

 

みなさん馬券を購入する際は何を考えて買っているでしょうか?

当然ですが、資金的な面から多くの方が出来るだけ点数を絞りたいと考えるかと思います。

 

実際、点数を絞ることで無駄な購入を抑えられるほか、的中した時もよりプラス収支になりやすいですよね。

そこで役に立つ馬券の買い方が、3連複フォーメーション。

 

この買い方をすることで、選択する頭数次第で大幅に点数が変わります。

例えば、1列目に1頭、2列目に2頭、3列目に5頭と選択した場合は合計10点です。

 

これが1列目に2頭、2列目に2頭、3列目に5頭となると、合計20点になります。

このように、どの列にどれだけ選択馬を増やすかで、点数が増減するのです。

 

そして1列目というのは、もっとも好走する可能性が高い馬を選ぶかと思います。

3列目は幅広く抑えるために、人気薄の馬もチョイスすることがあります。

 

でも2列目、ここが1番難しいんです。

なぜ難しいかというと、1列目と3列目というのはある程度選択できる馬が限られてくるからです。

 

ですが2列目というのは、上位人気~中間人気の馬で1列目に選択した馬より、若干見劣る馬を選びます。

そのため、2列目に入る候補の馬は、どのレースでも大体4~5頭ほど挙がりますよね。

 

この4~5頭、全て2列目に選択すれば、かなり安心することが出来ます。

しかし、これだけの頭数を選択してしまうと、3列目も広げた時に大幅に点数が増えてしまうんです。

 

そのため、出来る限り2列目の候補は2~3頭に絞る必要があります。

 

このように、3連複フォーメーションの2列目は候補が多いがゆえに点数が増えやすくなってしまう。

結果、当たった時のリターンにも直結してくるため、大切と言えるのです。

 

3連複フォーメーション2列目の予想方法は?

 

では、どうやって3連複フォーメーションの2列目の馬を選べばいいのでしょうか?

頭数が増えてしまいやすいため、2列目を選ぶのが難しく感じる方もいるかと思います。

 

でも、実を言うと、2列目の予想方法は意外とシンプルです。

それは、『3着までに入線する可能性が高い馬』を選ぶだけなんですね。

 

1列目に入れる馬も当然3着までに入線する可能性が高いのですが、2列目を選ぶ時も同様です。

1列目に入る馬には劣るものの、互角、それ以上に戦える可能性がある馬がいるはずです。

 

そのような馬を3連複フォーメーションの2列目に選択する事がもっとも簡単な方法になります。

では実際、どうやってその馬を見分ければいいのでしょうか?

 

2列目に入れる馬の簡単な見分け方は、成績を見ることです。

これまでの成績を見て、他の馬よりも安定感のある馬は、まず中心となるでしょう。

 

そこからコースや適正を考えて比較し、総合的に上回る馬をチョイスしていけば問題ありません。

さらに、どのレースにも賭けるのではなく、予想しやすいレースだけに賭けることでさらに勝率を高めることができるでしょう!

 

3連複フォーメーションでおすすめの組み方!買い目点数の参考を紹介

3連複フォーメーションは2列目が重要?おすすめの組み方を徹底解説!

 

ここまでの内容を読んで、3連複フォーメーションがどういうものか、ある程度分かったかと思います。

ただ、3連複フォーメーションの組み合わせも知っておくことで、もっと的中率をあげることができます。

 

実際、おすすめの組み合わせを知りたい方も多いのではないでしょうか?

そこでここからは、基礎知識とフォーメーションの組み方、そして王道パターンもご紹介していきます。

 

3連複フォーメーションの基礎知識

 

3連複フォーメーションの基礎知識として抑えておくべきことはなんでしょうか?

そこでまずは、3連複フォーメーションの基礎知識を3つお話しするので、頭に入れておいてください!

 

①:1列目は絞り、3列目は広げ、2列目はバランス良く

 

先ほどご紹介したように、絞るとこは絞り、点数を抑えてつつも3列目を広げていく。

それより、3連複フォーメーションで高い的中率を実現させることができます。

 

2列目を広げすぎるとリターンが小さくなり、狭すぎると的中率が下がってしまう。

そのため、レースに合わせて2列目のバランスを考えることが大切です。

 

ただ、予想しやすいレースだけに絞って勝負することで、さらに勝ちやすくできますよ!

 

②:点数は20点前後がベスト(多くても30点まで)

 

3連複フォーメーションでは、なぜ20点ぐらいがベストなのでしょうか?

ズバリ、的中した場合のトリガミを避けるためです。

 

3連複は難しい馬券ですが、人気決着となった場合の配当は低くなってしまいます。

そのため、人気サイドで購入してしまった場合、トリガミになることが少なくありません。

 

このトリガミを出来るだけ避けるために、人気サイドでの購入の場合は点数を抑えることが大切です。

 

③:下位人気を狙いすぎない

 

3連複フォーメーションで購入する場合、下位人気を狙いすぎないことも大切になります。

当然ですが、下位人気馬を中心に買ってしまうと、基本的に的中率が大幅に下がってしまうからです。

 

もちろん、的中すれば高額配当を得ることが出来ますが、確実に荒れるレースが分からないと難しいでしょう。

それに競馬には確実というものはないので、どのレースが荒れるのかなど、誰も分かりません。

 

「荒れそうな可能性があるな」ということしか予測出来ないため、基本的には現実的な狙い方がおすすめです。

以上の3つのことを基本として取り入れておけば、的中率と回収率のバランスが良くなるでしょう!

 

3連複フォーメーションの組み方は?

3連複フォーメーションは2列目が重要?おすすめの組み方を徹底解説!

 

3連複フォーメーションの基礎知識を踏まえた上で、続いては、組み方を1例としてご紹介していきます。

結論、3連複フォーメーションの王道パターンは、1列目に1頭、2列目に3頭、3列目に7頭。

 

これで15点~21点で収めることが出来ます。

なぜこれが王道パターンなのでしょうか?

それは先ほど基礎知識でもご紹介したように、点数を20点前後にすることが1つ。

 

そして、1列目絞り、2列目バランス、3列目広げるという攻守共に完璧な構成にすることです。

この王道パターンは、これら2つの要素を完璧に満たしています。

 

なので、この王道パターンを基準として考えて、フォーメーションを組むと非常に効率が良いでしょう。

王道ではありますが、あくまでも1つの基準として、色々アレンジしながら取り入れてみてください!

 

三複軸一頭流しとフォーメーションの違い!どちらが当たりやすいの?

3連複フォーメーションは2列目が重要?おすすめの組み方を徹底解説!

 

ここまでのお話で、3連複フォーメーションについては理解できたと思います。

では、『3連複軸1頭流し』と『フォーメーション』ではどう違うのでしょうか?

 

最後に、『3連複軸1頭流し』と『フォーメーション』の違いをご紹介するので、こちらもチェックしてみてください!

 

『3連複軸1頭流し』とは?

 

『3連複軸1頭流し』というのは、絶対的な自信がある馬1頭を軸として選択します。

そして相手になる馬を複数選択していき、軸に選択した馬1頭から相手に選択した複数の馬の全通りを購入する馬券になるのです。

 

例えば①番を軸にし、②③④⑤⑥番の馬を相手にします。

この場合どう購入されるかというと、①番の馬から②③④⑤⑥番の馬への全通りになります。

 

相手に選んだ馬のみの組み合わせは購入されません。

全て①番の馬が絡んだ馬券が購入される買い方です。

 

3連複フォーメーションの場合は?

 

では、3連複フォーメーションの場合、どのような買い方になるのでしょうか?

①番の馬を1列目、②③番の馬を2列目、④⑤⑥番の馬を3列目に選択すると、下記の購入になります。

 

  • ①番→②番→④⑤⑥番
  • ①番→③番→④⑤⑥番

 

そしてこれらを比較すると、3連複軸1頭の場合は合計10点。

3連複フォーメーションの場合は合計6点です。

 

このことから、3連複ではボックスが基本的に点数が多くなり、次に軸2頭流し、軸1頭流し、フォーメーションとなります。

 

3連複軸2頭流しは?

 

3連複軸1頭流しの他に、軸2頭流しというのも存在します。

では、『軸2頭流し』とはどのような買い方なのでしょうか?

 

軸2頭流しというのは、軸1頭流しとほとんど変わらず、軸馬がもう1頭増えるだけです。

この軸馬が2頭になるということは、軸の2頭が3着以内に好走する必要があります。

 

つまり、どちらかの軸馬が馬券買いに沈んだ時点で不的中となってしまうのです。

そのため、軸1頭流しに比べると、軸2頭流しの方が当てにくい馬券であることが分かります。

 

じゃあ軸2頭流しは何もメリットないし買う必要ないのでしょうか?

実を言うと、そんなことはありません。

 

『軸2頭流し』にもメリット、そして使い時があります。

『軸2頭流し』のメリットは、『軸1頭流し』よりも点数を抑えれることです。

 

例えば①②番を軸にし、相手に③④⑤⑥番を選択したとします。

この場合の点数は合計4点となり、軸1頭よりも抑えることが出来ます。

 

ですがデメリットは、軸馬が2頭とも馬券内に来ないと的中しないことですね。

では使い時はどんな時かというと、出走馬の内2頭ズバ抜けた馬がいる時です。

 

このようなレースの場合、2頭をすんなり選択できるので、有効的な馬券となりやすいでしょう!

 

3連複で1番効率の良い買い方はどれ?

 

3連複と言っても、これだけ種類がある中で、どれが1番効率の良い買い方なのでしょうか?

結論は、『3連複フォーメーション』です。

 

というのも、自分の予想した通りに購入することが出来るのが1番の特徴であり、メリットだからです。

的中率を重視して購入したり、レースによっては絞って購入したり、自由に予想して楽しめる買い方です。

 

とは言え、レースによって3連複ボックス・3連複軸1頭・2頭流しも使える買い方なので、うまく使い分けてみてください!

また、予想を立てづらいレースの場合は、あえて勝負せずに見送ることも大切です。

 

長い目線でプラス収支にすることが重要なので、予想しやすいレースで勝負することも意識してみてください!

 

まとめ

3連複フォーメーションは2列目が重要?おすすめの組み方を徹底解説!

 

今回は、3連複フォーメーションは2列目がなぜ大切なのか、ご紹介していきました。

3連複フォーメーションの良さはお分かり頂けたでしょうか?

 

3連複は高配当も見込める馬券ながら購入しやすく、予想精度さえよければ、安定して的中させることが出来ます。

当然、好みやレースによって購入方法を変えるのもかなり大切です。

 

ただ1つ注意点としては、堅すぎるレースは基本的に購入しない方が良いでしょう。

なぜなら、3連複でそれなりの点数を買ってしまうと、トリガミで配当が低くなってしまうからです。

 

そのため基本的には、購入点数以上に配当がつきそうなレースを狙っていきましょう!

 

 

 

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次
目次
閉じる