MENU

馬連フォーメーションとは?買い方や高配当が狙える組み方を解説!

馬連フォーメーションとは?買い方や高配当が狙える組み方を解説!

 

「競馬で馬連のフォーメーションって良く聞くけどわからない。馬連フォーメーションで高配当が狙える組み方ってどんなものなの?」

 

  • 馬連フォーメーションと流しの違いは?
  • 馬連フォーメーションで回収はどうすればいい?
  • 高配当が狙える予想方法や計算方法を知りたい!

 

など馬連フォーメーションについてこんなことを疑問に思うのではないでしょうか。

 

今回はそんな方へ「馬連フォーメーション」についてわかりやすくご紹介していきます。

馬連フォーメーションと流しの違いや、馬連フォーメーションで回収、高配当が狙える予想方法や計算方法を盛り込み込みました。

 

馬連フォーメーションは工夫することで的中を狙えて、尚且つ高配当を狙える馬券の買い方です。

是非参考にしてください!

 

目次

馬連フォーメーションと流しの違いは?回収できる買い方を徹底解説!

馬連フォーメーションとは?買い方や高配当が狙える組み方を解説!

 

馬連フォーメーションとは?

 

まず馬連フォーメーションとは、「1列目と2列目に指定した全組み合わせの馬連を購入する」買い方です。

 

例えば、1列目を3頭、2列目に5頭選んだ場合

1列目:①②③

2列目:①②③④⑤

となり、全部で「1−2」「1−3」「1−4」「1−5」「2−3」「2−4」「2−4」「2−5」「3−5」の9通りの組み合わせとなります。

 

買い目は全て同じ金額で均等に購入されます。

フォーメーション1点を100円で、組み合わせが9点の場合は900円です。

 

1点を300円買うなら2700円となる。

馬連フォーメーションの買い目を求める計算式というものは存在しません。

 

ですので馬連フォーメーションの買い目点数はJRAの公式サイトにある「フォーメーション組み合わせ計算」使って求めると便利に計算できます。

困った時はこのツールを参考にしてみてください!

 

馬連フォーメーションと流しとの違いは?

 

馬連フォーメーションは1列目と2列目の馬をそれぞれ指定した組み合わせの馬連を購入する買い方でしたが、流しは1着になりそうな馬(軸馬)を選択して、2着になりそうな他の馬を数頭予想する買い方です。

馬連フォーメーションは軸馬を増やすことができ、的中の確率が増えます。

 

流しの注意点は軸馬が必ず2着以内に入ることが的中の必須条件になります。

したがって「2着になりそうな他の馬」の数頭が1、2着になったとしても的中ではありませんので注意してください。

 

馬連フォーメーションと馬連流しの違いは、どういうレースで使うかということに違いがあります。

馬連フォーメーションは3連勝式馬券のフォーメーションとは違って狙いを絞るものではなく、買い目を広げて的中を狙う馬券です。

 

よって、馬連流しでは上位人気で決まってしまう可能性があるレースで効果的に利益を出しやすく、馬連フォーメーションはどの馬が勝つかわからない、波乱なレースで効果的です。

つまり、複数の展開が考えられる時にフォーメーションの強みが活かせます。

 

今自分がかけようとしているレースは一体どんなレースなのか、ということをしっかりと考察して買い方を使い分けるということも大事なことです。

 

馬連フォーメーションで回収できる買い方を解説

 

馬連フォーメーションで回収できる買い方は、軸馬を広げすぎずに1、2頭で調整することをおすすめします。

馬連は払戻金としては馬単や三連勝式馬券と比べると少額です。

 

軸馬を広げすぎて買い目を多くしすぎると、トリガミになってしまう可能性が高くなってしまいます。

ですので、軸馬は1、2頭で調整することをおすすめします。

 

また、2列目の馬も多く買いすぎると仮に的中したとしても、ハズレ馬券を多く買っていることになります。

ですので、しっかりと点数を考えて購入することをおすすめします!

 

馬連フォーメーションの高配当が狙える組み方の予想方法を解説!

馬連フォーメーションとは?買い方や高配当が狙える組み方を解説!

 

馬連フォーメーションの高配当が狙える買い目点数

 

馬連フォーメーションの高配当が狙えるおすすめの買い目は15点までにすることです。

なぜまで15点なのかというと、馬連の払戻金の中央値が約1500円で、平均値が約6000円だからです。

 

このことから、実際の払戻金は1500円前後で15点より多くの馬券を買ってしまうと買った時点で良くても「引き分け」の結果に終わります。

しかし、馬連の平均値が約6000円ということは、極端な穴馬が2着以内に入ってきて、払戻金が跳ね上がる可能性も含んでいるということです。

 

ですので、15点までの買い目で高配当を狙うのがおすすめです。

ついつい高配当を狙って点数を広げ、買いすぎてしまうとトリガミになってしまうので気をつけましょう!

 

馬連フォーメーションの組み方

 

馬連フォーメーションの組方は、1頭を必ず出走馬の中で2着以内に入る可能性が高い馬を選ぶことが重要です。

馬連フォーメーションはの1列目に選ぶ馬というのは、2列目に選ぶ馬より少なくなります。

 

1列目の的中率を上げると、買い目全体の的中率も上がります。

そのために、1列目の馬は1頭必ず2着以内の馬を選ぶことが大切です。

 

2列目の組み方は、選ぶ馬の人気をなるべく分散することが重要です。

馬券に絡むと考えられる人気馬、高配当になる穴馬、共に入れることで的中率と回収率のバランスが優れたフォーメーションになるからです。

 

この買い方で購入してみるのもおすすめです!

 

馬連フォーメーションの高配当が狙える予想方法

 

高配当が狙える予想は、1列目に2着以内にくると思う馬とは別に、穴馬を入れ、2列目にも穴馬を入れることにあります。

この組み合わせなら、「穴馬×穴馬」の組み合わせで高配当が狙える買い目ができるからです。

 

人気次第では、万馬券になる可能性もあるのです。

逆に、1列目2列目ともに、人気馬だけが並ぶ回目になるとは避けた方がいいでしょう。

 

最低でも、2〜3通りは高配当の組み合わせがある回目を作ることを意識すると効果的です。

この方法で理想的な馬連フォーメーションを作ってみてはいかがでしょうか。

 

馬連フォーメーションのおすすめの組み方

 

ご紹介したように、1列目は穴馬を入れると効果的であり、2列目には人気を分散させる買い方が良いということがわかりました。

では実際にはどのような買い方になるのかをご紹介します。

 

例えば1列目に2頭、2列目に7頭買う買い方だとします。

おすすめする買い方は以下のようになります。

 

1列目:①②

2列目:①②③④⑤⑥⑦

の11通りです。

 

1列目には、前述したように「1頭必ず、出走馬の中で2着以内に入る可能性が最も高い馬を選ぶことを意識する」ということが重要です。

そうすることで、1頭を確実に的中させることができ、2列目の的中に集中できるからです。

 

また、ここで重要なのは2列目です。

 

③を1〜2番人気

④を3〜5番人気

⑤を6〜8番人気

⑥を9〜12番人気

⑦を13番人気以下

として、買い目を決めていきましょう。

 

「2列目には人気を分散させる」ということを意識してその時々のレースによって買い目を考えましょう。

このような形で、前述したように賭けるレースがどういうものなのか考えながら応用する形で2列目を選択することで、的中率と回収率、どちらも期待できる馬連フォーメーションが完成します。

 

レースに応じて2列目を変化させることが重要になります。

そうすることで、高配当の可能性がある買い目をカバーすることができ、人気馬で決まってしまうようなレースで波乱が起こった場合でも、しっかりと的中させて回収することができるのです!

 

馬連フォーメーション5点とは?勝つには馬連の点数を計算する?

馬連フォーメーションとは?買い方や高配当が狙える組み方を解説!

 

馬連フォーメーション5点とは?

 

馬連のフォーメーション5点とは、1列目に2頭、2列目に4頭の組み合わせです。

非常に固いレースで使用するのが理想的な買い方といえます。

 

解説したように、1列目に2着以内に入りそうな馬と穴馬を入れ、2列目に選ぶ馬の人気をなるべく分散させて尚且つ5点にすることで、トリガミを防ぐとこが出来て、そして高配当が狙える最強の組み合わせが完成します。

馬連フォーメーション5点という買い方はコンパクトで予想が決まっている場合に使用すると、効果的です!

 

勝つためには馬連の点数を計算する

 

馬連で勝つためには何となく出走馬の中で勝ちそうだと思う馬の全部を買ってしまうのではなく、点数をしっかりと計算して購入するのが良いといえます。

馬連という買い方は万馬券が簡単に出るような式別とはいえません。

 

しかし点数を絞って、解説したような買い方で購入することによって高配当が望める買い方です。

購入するときにはしっかりと点数を計算して購入するのが良いでしょう。

 

そうすることにより、トリガミを防ぎ、最終的にはその日の収支をプラスにすることが可能になります。

 

馬連はレースに合わせて点数を絞って買う

 

馬連は解説した通り、点数をなるべく絞って買うことが重要です。

波乱が起こるレースもあれば、人気順に決まってしまうレースも少なくありません。

 

馬連の場合、フォーメーション5点程度に絞れると賭けることができる金額も大きくできますし、リターンが大きくなります。

もちろんフォーメーション15点程度で高配当を狙っていくこともできます。

 

人気が分散しているレース、波乱が起こりそうなレース、人気馬で決着がつきそうなレース、1着は人気馬だが、ヒモ荒れしそうなレース。

たくさんのレースがあります。

 

どのようなレースに今、みなさんは賭けようとしているのか見極めて点数を決め、購入することが肝要になってきます!

 

まとめ

馬連フォーメーションとは?買い方や高配当が狙える組み方を解説!

 

今回の馬連フォーメーションの解説はいかがでしたでしょうか。

今回の解説で馬連のことについて理解が深まったでしょうか。

 

もう1度おさらいすると、

  • 馬連フォーメーションは1列目と2列目に指定した全ての馬の組み合わせを購入する買い方であること
  • 馬連フォーメーションは15点までの範囲で高配当の馬券を狙うのが重要であること
  • 馬連フォーメーション5点の買い方が最強の買い方であること

をご紹介しました。

 

馬連は単勝や複勝に比べて買うのが難しいかも。

馬連はテクニックがいる様だからから買えない。

と思っている方でも今回の記事を参考にしていただくことで、競馬をより一層楽しめるものにできると思います。

 

馬連はご紹介した工夫することで高配当狙いが最も効果的に買うことができる方式です。

ご紹介した工夫や気をつける点を知らずに軸馬を増やしたり、どのようなレースなのか見極めることをせずに、今まで自分がやってきたように賭けてしまったりするとトリガミになってしまったり、負けてしまう可能性があります。

 

競馬というものは、レースに応じて買い目を変えていくことが重要です。

いつも同じ買い方、人気が高い馬を買えば的中するということではありません。

 

人気が分散していたり、波乱が起きるかもしれない。という見立てを立てて購入することが非常に大切になってきます。

その見立てと今回の工夫や計算方法を用いることで、的中への道が近づいてきます。

 

是非今回ご紹介した方法や、考え方を参考に馬連のフォーメーションという買い方をしてみてはいかがでしょうか。

みなさんが楽しく素敵な競馬ライフを送っていただけると幸いです!

 

 

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次
目次
閉じる